FC2ブログ

記事一覧

<女性に力を>「あなたは一人じゃない」 フラワーデモから1年 きょう国際女性デー(2020年3月8日配信『東京新聞』)

 月に一度、花を持って街角に集まり、性暴力被害者の声に耳を傾ける「フラワーデモ」が始まってまもなく1年。相次いだ性暴力事件の無罪判決に怒った女性らが東京と大阪で始め、自主開催が各地へ広がった。国際女性デーの8日は、新型コロナウイルス対策のためネット中継なども駆使し、ほぼすべての都道府県で開かれる。沈黙を破った被害者の語りは、社会を少しずつだが確実に変えようとしている。 

 「あんなに大勢集まるとは」。デモ呼び掛け人で作家の北原みのりさんは、東京駅前に400人以上が集まった昨年4月の第1回を振り返る。性暴力は被害者側の「落ち度」で「恥」だとする圧力があり、多くの人が被害を隠してきたからだ。

 自発的にマイクを握り、震える声で話し始める人が次々現れた。参加者は花を手に静かに見守る。語り手が涙で言葉に詰まると「大丈夫だよ」と声が掛かる。不特定多数の人に見られる場なのに、安心感が漂う。ある参加者は「奇跡のような空間」と語った。

 神奈川県の森澤法子さん(48)は、14歳から高校時代まで父にレイプされ「誰かに話したら一家心中だ」と脅されていた。「自分の体を引き裂きたかった」

 結婚、出産し、一時は落ち着いた。だが昨年3月、娘を中学生の時から性虐待してきた父親を無罪とする名古屋地裁岡崎支部判決が報じられると、長年抑えていた苦しみが噴き出した。

 昨年8月、東京駅前のデモでマイクを握った。「本当は助けてほしかった」。14歳の時に言えなかった言葉を初めて言えた。「膝がガクガク震えた。でもみなさん真剣に聞いてくれて、その気持ちが温かくて」

 地元にも同じように苦しむ人がいるはずだ-。「あなたは一人じゃない、と伝えたい」。12月から横浜市でデモを開催。男性や性的少数者の人も参加する。

 群馬県高崎市でデモを開く田嶋みづきさん(33)は「実際の被害がどんなものか伝えることで、世の中を変えられる」と信じている。

 その兆しはある。性暴力被害を訴え、刑事事件としては不起訴にされたジャーナリスト伊藤詩織さんが昨年12月、民事訴訟で勝訴した。今年2月には福岡高裁が、泥酔させた女性への準強姦(ごうかん)罪に問われた男に、1審無罪を覆し有罪判決を言い渡した。

 月1回の定期開催は今回が最後で、今後は各地がそれぞれのタイミングで開く。呼び掛け人の1人、編集者の松尾亜紀子さんは「全ての都道府県に広がった。このうねりは止まらないと思う」と話している。

<国際女性デー> 女性の政治的・社会的な自由と権利獲得を語り、行動する日。多くの国で記念行事が行われる。20世紀初めに北米や欧州で女性が選挙権や労働条件改善を求め声を上げたのが始まり。1975年に国連が3月8日と定めた。この日にイタリアで男性が女性へ贈る花の名前から「ミモザの日」とも。

キャプチャ
昨年4月のスタートから回を重ねるごとに開催地が増えていったフラワーデモ=先月11日夜、東京駅前で




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ