FC2ブログ

記事一覧

相模原殺傷、被告に死刑判決 佐々木教授らに聞く「プロセス言及なく残念」(2020年3月17日配信『東京新聞』)

キャプチャ
「予想された判決だが、司法の限界も感じる」と話す佐々木隆志さん=横浜市中区で

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人を殺傷した罪などに問われた元施設職員植松聖被告(30)の判決公判があった16日、横浜地裁にわずか10席の一般傍聴券を求め、1603人が訪れた。2カ月余に及んだ裁判は、それぞれの人たちに何を問いかけたのか。

 3男(24)に広汎性発達障害がある静岡県立大学短期大学部社会福祉学科の佐々木隆志教授(63)は「車いす、認知症になれば3間扱いされない社会はおかしいということを啓蒙(けいもう)したいからここにいる」ときっぱりと語った。死刑判決に「予想された判決だが、司法の限界も感じる。責任能力の有無や程度が争点だったが、遺族やわれわれ障害者を持つ親は、なぜ犯行に至ったのかが知りたかった」と指摘。「植松被告が社会に抱いた不満、福祉の現場を体験して思ったことも十分には明らかになっていない。犯行という結果のみが捉えられ、プロセスにあまり言及がなかったのは残念」と続けた。

 「障害者の親にとって判決は通過点。植松被告のような考え方の人が存在するのは事実であり、裁判を契機に、命は等しいということをもっと広めていきたい」と結んだ。

 2017年8月から植松被告に50回接見した月刊「創」編集長の篠田博之さん(68)も姿を見せた。

 篠田さんによると、公判で初めて、障害者も含んだ謝罪があったという。「接見の時に謝りたいと言っていた。それまでの謝罪は障害者の家族に対してだった。本人は最初の主張にかたくなで、心境の変化があったかどうかは推測だが、事件後、いろんな人に会い、裁判で被害者の話を聞いている」と話し、「3月初めに接見した時、本人は控訴しないと言っていたが、これで終わらせてほしくない」と訴えた。



やまゆり園事件 判決出ても真相は不明(2020年3月17日配信『しんぶん赤旗」)

社会のあり方・優生思想、もっと議論を

 「事件の背景にある社会のあり方や優生思想についてもっと深めなければ」―。16日、横浜地裁のやまゆり園事件をめぐる判決を受け、関係者らは口々に「判決が出たけど、これで終わりではない」と語りました。

 全国障害児者の暮らしの場を考える会事務局長・播本裕子さん(70)は「私たちは『どんな命でもかけがえのない命だ』と訴えてきました。死刑判決は、植松聖被告の“役に立たない命はいらない”の主張と同じこと。被害者の立場からは死刑判決が当然なのだろうけど…」と複雑な胸の内を語ります。

 播本さんの三男(37)は、重度知的障害と自閉症などがあり、入所施設をへて現在は大阪府吹田市のグループホームで暮らします。

 判決は、やまゆり園の利用者を当初は「かわいい」と話したこともあった植松被告が自身の体験を踏まえて数年間で、「重度障害者は不要」だと考えるようになったと指摘します。

権力側の喧伝が

 「障害福祉の現場に余裕がなく疲弊しているのはどこも同じ。植松被告は施設で働くなかで大変な思いをしてきたんだろうけど、その大変さや仕事がうまくいかない思いが、目の前にいる障害者に向かい、国や行政には向かなかったのはなぜか」と播本さん。「制度改善の要求行動にならなかったのは、権力側が、“障害者や社会保障にお金がかかっている”と喧伝(けんでん)していることも影響しているのではないか」

貧しい福祉施策

 障害者団体「きょうされん」の斎藤なを子代表理事は「判決が出たけど、施設職員が引き起こした凄惨(せいさん)で残忍な事件の真相は、明らかになったとは言えません」と強調します。「職員としてかかわりながら植松被告はなぜ、日常の中で起きる“問題”を障害のある人の側からとらえることができなかったのか」と訴えます。

 斎藤さんは、貧しい障害福祉施策そのものを改善し、障害のある人がその人らしく暮らせる社会にしなければ、植松被告のような考え方にとらわれる人はいなくならないのではと指摘します。

 「事件について今後、社会の関心が遠のき、風化するようではいけません。障害のある人への偏見や差別、優生思想に関して今後も問題意識をもって深めあったり、学びあったりしながら発信し続けていきたい」





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ