FC2ブログ

記事一覧

宮城まり子さん死去 「ねむの木学園」設立、俳優 93歳(2020年3月23日配信『東京新聞』)

キャプチャ2
死去した宮城まり子さん=2012年、東京都港区北青山で

 肢体の不自由な子どもたちの養護施設「ねむの木学園」を設立して園長を務め、「ガード下の靴みがき」などのヒット曲で知られる歌手で俳優の宮城(みやぎ)まり子(こ)(本名本目真理子(ほんめまりこ))さんが21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。東京都出身。27日に関係者のみで学園葬を営む。

 戦後、劇場などで本格的に歌い始め、1950年代に、靴磨きをして生きる戦災孤児を歌った「ガード下の靴みがき」をはじめ、「毒消しゃいらんかね」「東京やんちゃ娘」などがヒットした。テレビドラマ「てんてん娘」や市川崑(こん)監督の映画「黒い十人の女」などに出演し、60年代後半からは舞台で活躍した。

 障害児が学校に行けない状況を憂い、68年に私財を投じて静岡県浜岡町(現御前崎市)に「ねむの木学園」を設立し、園長に就任した。97年に同県掛川市に施設を移し、美術館や成人向けの身体障害者療護施設なども併設した「ねむの木村」を開設。長年にわたって教育や福祉活動に尽力した。

 自ら監督を務め、学園の様子を記録した映画「ねむの木の詩」(74年)「ねむの木の詩がきこえる」(77年)は多くの共感を集めた。

 作家の故・吉行淳之介さんは私生活で長年のパートナーだった。上皇ご夫妻とも親交があり、ご夫妻は2018年11月にねむの木学園を訪れるなどしていた。

 著書に「てんてんのらくがき」「ねむの木の子どもたち」など。2012年に瑞宝小綬章を受章した。

 ◇ 

 宮城さんは2008年4月1日から7月31日まで、本紙夕刊「この道」で半生を振り返る連載をした。

キャプチャ3
宮城まり子さん(左)と「ねむの木学園」の園生=2018年6月、静岡県掛川市で



宮城まり子さん死去 「母」のまなざし、深く 「ねむの木」半世紀 障害者教育に尽力(2020年3月23日配信『東京新聞』)

キャプチャ
園生と談笑する、宮城まり子さん(右)=1987年、静岡県浜岡町(現御前崎市)で


 21日に死去した宮城まり子さんは歌手、俳優として活躍するかたわら、肢体不自由な子どものための施設「ねむの木学園」を1968年に設立し、長年にわたって教育や福祉活動に尽力した。園生から母親のように慕われた宮城さんとの別れに、関係者は悲しみに包まれた。

<評伝>

 肢体の不自由な子どもたちの施設「ねむの木学園」設立から半世紀。園長として学園のために奔走してきた宮城まり子さんは「みんな、かわいい良い子。食べちゃおうか」と、ちゃめっ気たっぷりに園生への愛を語っていた。

 「子どもたちのお祭り」と毎年楽しみにしていた学園の運動会。昨年の秋、「もう(食事の)味まで分からない」とがんの進行を明かしながらも、車いすに乗ったまま、数時間にわたって歌や踊りを指揮し続けた。「おかあさん」「子どもたち」と呼び合う園生との強い絆が、場内を温かい空気で包んだ。

 静岡県浜岡町(現御前崎市)に、ねむの木学園をつくったのが1968年。土地取得や職員集めなど、さまざまな苦労を乗り越えた。園長として、「母」として、多忙を極める毎日。経済的にも常に厳しい運営を強いられたが、宮城さんの気力を支えたのは子どもたちの“輝き”だった。

 園生が描く絵が放つ、豊かな感性に驚かされた宮城さん。決して描き方を教えることはしなかった。線がゆがんでいても、それがその子の持ち味という考えだった。

 「言葉でしゃべれない子も、絵でしゃべることができる」。自然や音楽、宮城さんとの触れ合いを通じて、感性が花開くのをただ待つだけ。その指導法は絵画だけでなく、手描き友禅、コーラスなど多彩な活動に及んだ。

 宮城さんの活動を支えたのは、長年にわたるパートナーだった作家吉行淳之介さんと交わした約束だ。「子どもたちのために絶対に(学園を)やめない」。吉行さんを生涯愛し続けたように、子どもたちにも優しいまなざしを注ぎ続けた人生だった。 

◆上皇ご夫妻が弔意

キャプチャ2
「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」を訪問された上皇后美智子さまを出迎える宮城まり子さん(右)=2016年5月、東京都中央区で

 宮城まり子さんの死去を受け、親交が深かった上皇ご夫妻が宮内庁上皇職を通じ、養護施設「ねむの木学園」に弔意を伝えられたことが、宮内庁関係者への取材で分かった。

 上皇ご夫妻は、皇太子夫妻時代から宮城さんと交流があり、学園を訪問したり、上皇后美智子さまは園生が描いた絵画などの作品展にも足を運んだりした。

 最近では2018年11月、ご夫妻が学園を訪れ、車いすに乗った宮城さんと園生の活動を見て回った。

◆園生の心配、最期まで 学園教諭が悼み「新たな教育実践」

 養護施設「ねむの木学園」で39年間、宮城まり子さんと共に仕事をしてきた教諭の梅津健一さん(61)は23日、静岡県掛川市の同園で取材に応じ、宮城さんについて「障害のある子どもたちの健康状態を亡くなる直前まで気に掛けていた。子どもたちの学校の先生であると同時に、母のような存在でもあった」と振り返った。

 宮城さんは子どもたちとのコミュニケーションを円滑にするために、わざと甘えるようなそぶりをすることがあったといい、梅津さんは「妹のようでもあったのではないか」と語った。

 梅津さんによると、宮城さんは18日、入院先の東京都内の病院で、見舞いに訪れた園の職員や子どもに、8月に静岡市で開き、自身の指揮で園生たちが歌う予定だったコンサートについて「絶対やらなきゃね」と話していたという。

 梅津さんは21日夕、教室に園生約70人を集め、「お母さんがお空にお出掛けしたよ」と伝えた。大声で泣きだす子もいたという。

 梅津さんは「障害のある子どもたちに対する新たな教育の仕方を実践した人だった。肉親を亡くしたような思いだ」と宮城さんの死を悼み、「教育理念を受け継ぎ、子どもたちを守っていきたい」と決意を新たにした。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ