FC2ブログ

記事一覧

「生きて虜囚の辱めを受けず」(2020年3月26日配信『日本経済新聞』-「春秋」)

 あれは東日本大震災の翌年だったろうか。東京・赤坂のレストランで、日本での永住生活を始めたドナルド・キーンさんを囲むメディア関係者の集いがあった。戦時中、海軍の情報将校としてハワイの日本人捕虜収容所に勤務していた際の心に響くエピソードを聞いた。

▼戦争末期。捕虜のなかに、マリアナ諸島に派遣された同盟通信の従軍記者がいた。「サイパン特派員の見た玉砕の島」という戦記を残した高橋義樹さんだ。彼はベートーベンを愛していた。とりわけ交響曲第3番「英雄」を。キーンさんは、音がよく響く収容所のシャワー室で、英雄のレコード・コンサートを開いたのだ。

▼「生きて虜囚の辱めを受けず」の戦陣訓に殉じた日本兵の末路を、その目に焼き付けた高橋さんである。異郷の収容所で、どんな思いであの豪壮で雄大な第1楽章を聴いたのだろう。戦後、捕虜たちと敵国の将校は長く友情を育んだという。指揮者は誰だったのか。キーンさんに音源をお尋ねしなかったことが悔やまれる。

▼「ベートーベンの音楽は、ほかのどの音楽よりも、悩むものの友達であり、ときに慰め手である」。音楽評論家の吉田秀和さんの言葉だ。東京五輪の1年延期が決まった。この1カ月で世界は変わってしまった。苦悩を突き抜け、歓喜へ至る数々の楽曲を聴いてみようか。きょうは、1827年に没した楽聖の命日である。



ベートーベン(2020年3月26日配信『愛媛新聞』-「地軸」)

 夏目漱石は西洋音楽にも精通していた。小説「野分」には演奏会の舞台となった旧東京音楽学校「奏楽堂」の描写がある。侯爵はシルクハットをかぶり、婦人らはドレスアップ。千人の聴衆を収容したというから、さぞ華やかな光景だったろう

▲「漱石が聴いたベートーヴェン」(滝井敬子著、中公新書)によると、漱石の日記にある1913年12月の演奏会ではベートーベンの「エグモント序曲」などが曲目に並んだ。ドイツ人指揮者グスタフ・クローンは、ベートーベンの九つある交響曲のうち六つを日本で初演している。洋楽史に残る場面に漱石はいたのだろう

▲今年はベートーベンの生誕250年。きょうは命日に当たる。日本では年末恒例の交響曲第9番第4楽章「歓喜の歌」でおなじみの、言わずと知れた大作曲家である

▲酒浸りだった父親に代わって家計を支えるなど苦労して育ち、30代には難聴でほとんど耳が聞こえなくなったとされる。ピアノの鍵盤に指揮棒を当ててくわえ、歯で振動を感じていたという逸話は有名だ

▲現代の音楽家らには、こうした苦難の連続がむしろ、傑作を生み出す力になったとの見方が多い。さまざまな背景や感情を深く理解し、演奏に反映しようという試みが続く

▲漱石は小説で「熟柿(じゅくし)の様な色の暖かい太陽」と、音を豊かに表現している。先人と音楽を通じて感動を共有できるのは幸せなことだ。心揺さぶる演奏を聴きつなぎたい。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ