FC2ブログ

記事一覧

同性婚の法制化 一歩を踏み出すときだ(2020年3月29日配信『信濃毎日新聞』-「社説」)

 伊那市出身の20代後半の男性は同性のパートナーと東京で同居して1年半になる。祖母が最近亡くなり、身近な人の死に、自分の身にもしものことがあったらと不安に駆られたと話す。パートナーは法的に家族としては扱われない。周りの人たちが彼の存在を尊重してくれるのかも心配だ。

 2人の関係を知らない親族もいる場に、連れだって出向くのはためらいがあり、祖母の葬儀にパートナーは参列しなかった。一段落してから2人で墓参りをしたとき、互いの存在を誰にも分かってもらえるよう、公正証書を残しておこうかと話したという。

 東京都渋谷区で「パートナーシップ条例」が施行されて5年が過ぎる。同性カップルの関係を自治体が公的に認め、支援する制度はこの間、札幌市、宝塚市、福岡市など全国の34自治体に広がった。長野県内でも、松本市長に新たに就任する臥雲(がうん)義尚氏が前向きな考えを示している。

   <当事者たち自ら>

 ただ、自治体による認証は、同性同士の関係を法的に認めて保護したり、権利を保障したりするわけではない。同性婚について政府は、極めて慎重な検討が必要だとする姿勢を変えていない。

 与党の自民党内には「伝統的な家族観」と相いれないとして反対する声が強い。立憲民主、共産、社民の野党3党が昨年、同性婚を認める民法改正案を国会に提出したものの、議論は棚上げされ、当事者は法制度の枠から閉め出されたままだ。

 現状を動かそうと当事者たちは自ら声を上げている。2015年には同性愛者ら450人余が日弁連に人権救済を申し立てた。日弁連は昨年7月、同性婚を認めないのは重大な人権侵害だとして関連法の改正を求める意見書を政府、国会に提出している。

 昨年2月には同性カップル13組が東京、大阪など4地裁に一斉に提訴した。憲法が保障する結婚の自由を侵害し、法の下の平等にも反すると訴えて違憲性を正面から問い、国に賠償を求めている。

 同性間の関係をめぐっては、ここへきて裁判所の踏み込んだ判断も目に留まる。宇都宮地裁真岡支部は昨年9月の判決で、価値観や生活実態の多様化を踏まえれば、婚姻を男女間に限る必然性があるとは断じがたいと述べた。

 女性同士の関係が事実婚にあたるかが争われた裁判だ。婚姻は「両性の合意」のみに基づいて成立すると定めた憲法について判決は、制定当時は同性婚が想定されていなかったにすぎず、否定する趣旨ではないと指摘した。

 東京高裁が今月出した控訴審判決は、婚姻に準じた保護の必要性をより明確に示し、同性同士というだけで法律上保護される利益を否定することはできないと述べている。同性婚を認める立法を促したとも読み取れる判決である。

   <憲法を息づかせる>

 同性のカップルを、親元で暮らせない子の「養育里親」に認定する自治体も出てきた。16年の大阪市に続き、名古屋市でも今月、男性カップルが認定されている。

 企業の対応も変わった。生命保険の受取人に同性パートナーを指定できるようになってきたほか、住宅ローンを共同で組めるようにした銀行もある。結婚と同じように祝い金や手当を社員に支給する企業も増えた。

 とはいえ、結婚が法律上認められないことによる社会的な不利益は依然大きい。所得税の配偶者控除は受けられず、法定相続人にもなれない。医療機関でも、家族の同意を得る際、同性パートナーは対象にならないところが多い。

 壁は制度だけではない。同性愛者ら性的少数者への偏見は社会になお根強く残る。一斉提訴に加わった同性カップルの中に名前や顔を出せない人がいることも、その現実を映し出している。

 結婚をするかしないか、誰といつ結婚するかは、人がどう生きるかに深く関わる。自らそれを決める自由は誰にも等しく保障されるべきだ。同性同士だという理由で排除するのは、その自由を奪い、当事者の尊厳を損なう。

 世界では既に28カ国・地域が同性婚を認めている。米国では連邦最高裁が15年、同性婚を禁じる州法を違憲と判断した。アジアでも台湾が昨年、法制化した。

 恋愛感情や性的な関心が向く相手が異性か同性か。性的指向は自分が自分であることと切り離せない。個人の尊重を核に置く憲法の趣旨に照らせば、同性間の関係を分け隔てて扱う理由は見いだせない。多様な個のあり方を認め合うことこそが憲法を息づかせる。

 男女の結婚と同じように、同性同士の結びつきも尊重されなければならない。法制度の見直しに一歩を踏み出すべきときだ。当事者を支え、議論を社会に広げて、国会、政府を動かしたい。





スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ