FC2ブログ

記事一覧

無罪の西山さん「まだ実感湧かない」 湖東病院・再審判決で会見(2020年3月31日配信『京都新聞』)

キャプチャ
無罪判決を受け会見する西山さん(左から2人目)ら=31日、大津市

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定、服役し裁判をやり直す再審の判決公判で無罪となった西山美香さん(40)と弁護団が31日、大津市の滋賀弁護士会館で会見した。西山さんは「今日、裁判所から無罪という判決をもらうことができ、とてもうれしく思う。今はまだ判決を聞いたばかりであまり実感は湧かない」と率直な感想を述べた。

 また西山さんは「これまで頑張れたのは両親のおかげ。両親は裁判所で号泣していた。今までは悔し涙ばかりだったが、今日はうれし涙だった」と話した。さらに今後について「普通の人生を送りたい」と語った。

 指の桜の柄のネイルについて、記者から理由を聞かれた西山さんは「桜が満開の中、無罪の判決をもらった。花びらが全国に散り、各地でえん罪に苦しむ人に希望を与えられるようにとの思いを込めた」とした。

 弁護団は「判決では自白調書の任意性および信用性をいずれも明確に否定した。本件の捜査手続きにおいて人権侵害があり、違法・不当な捜査が行われ、その結果、虚偽供述が誘発されたと認めたものであり、その判断を高く評価する」との声明を発表した。また、検察に対し「判決を真摯に受け止めるべき」とし控訴しないよう求めた。



警察、検察、裁判所は西山さんに謝罪すべき」 湖東病院患者死亡の無罪判決で弁護団が声明(2020年3月31日配信『京都新聞』)

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手西山美香さん(40)の裁判をやり直す再審の判決公判が31日、大津地裁で開かれ、大西直樹裁判長は無罪を言い渡した。逮捕から約16年ぶりに西山さんの名誉が回復された。

 無罪判決を受け、弁護団は声明を発表し、判決の内容を評価するとともに「警察、検察、裁判所は猛省し、西山さんに謝罪すべき」と求めた。

 声明は、今回の判決の根拠に「たん詰まりによる酸素供給低下状態で心臓停止したことも十分に考えられる」という鑑定医の見解を記載した捜査報告書の存在を挙げ、「この証拠が(西山さんを有罪とした)確定審で開示されていれば、その段階で無罪判決がなされていたことは確実」と指摘した。自白調書の任意性や信用性も明確に否定されたとして「事件のないところに事件を作り上げた」と捜査手法を批判した。

 西山さんが刑務所で13年間過ごしたことにも触れ、「ようやく殺人犯の汚名は晴らされたが、失われた年月が西山さんに戻ることはない」として、検察に対し、控訴権を放棄し、無罪判決を確定させるよう強く要求した。



「湖東事件」再審無罪判決に関する日弁連会長声明

本日、大津地方裁判所は、いわゆる「湖東事件」について、西山美香氏に対して、再審無罪判決を言い渡した。

本件は、2003年(平成15年)5月22日、滋賀県愛知郡湖東町(当時)所在の病院に看護助手として勤務していた西山氏が、同病院に重篤な症状で入院していた患者に装着された人工呼吸器のチューブを引き抜き、急性低酸素状態により死亡させて殺害したとされた事件である。西山氏は、捜査段階で自白し、公判では否認に転じたものの、一審の大津地方裁判所は懲役12年の有罪判決を言い渡した。その後控訴、上告がなされたが、2007年(平成19年)5月21日に、一審の有罪判決が確定した。

西山氏は、再審請求手続で、患者の死因や自白の信用性を争い、2017年(平成29年)12月20日、大阪高等裁判所は、新旧証拠の総合評価を行い、患者が自然死した合理的疑いが生じたとして、本件の再審開始を決定した。昨年3月18日、最高裁判所第二小法廷も検察官の特別抗告を棄却し、今回の再審公判が開かれた。再審公判手続では、人工呼吸器の管内での痰の詰まりにより患者が心臓停止した可能性もあるとする解剖医の所見が記載された捜査報告書などが新たに開示された。

今回の判決は、患者が人工呼吸器の管の外れに基づく酸素供給欠乏により死亡したと認めるに足りる証拠はなく、かえって、患者が低カリウム血症による致死性不整脈等、上記以外の原因で死亡した具体的な可能性があるとし、事件性を認めるに足りないとした。そして、西山氏の自白についても、信用性に疑いがあるのみならず、防御権の侵害や不当な捜査手続によって誘発された疑いが強く、任意性にも疑いがあるとし、証拠排除した。このように、今回の判決は、確定審における判断の誤りを明確に指摘したものであって、当連合会としてもこれを評価する。

他方、検察官は、再審公判において、当初は西山氏の有罪を主張立証する方針を示し、後に新たな有罪立証を断念したものの、無罪判決を求めるわけでもなく、「取調済みの証拠に基づき、適切な判断を求める」とだけ述べて、従前の主張にいたずらに固執しているようにも見受けられる。このような検察官の態度は、公益の代表者としてふさわしいとは言い難い。

本件は、いわゆる供述弱者に対する取調べの在り方、捜査機関による証拠隠し、科学的知見の軽視や自白の偏重など、我が国の刑事司法制度が抱える構造的な問題点を改めて浮き彫りにした。当連合会は、西山氏のようなえん罪被害を救済し、えん罪を防止するため、取調べ全過程の可視化、取調べの弁護人立会い、全面的証拠開示、再審開始決定に対する検察官の不服申立て禁止をはじめとした制度改革の実現を目指して、全力を尽くす決意である。

2020年(令和2年)3月31日
日本弁護士連合会
会長 菊地 裕太郎



湖東事件再審無罪判決についての滋賀弁護士会会長声明

本日、大津地方裁判所は、いわゆる湖東事件について、西山美香氏に対して、再審無罪判決を言い渡した。当会は、長きにわたって無実を訴え続けてきた西山氏のご苦労及び、西山氏を支えてこられたご家族、支援者の方々、弁護団の活動に対して心から敬意を表する。

本件は、2003(平成15)年5月22日、滋賀県愛知郡湖東町(当時)所在の湖東記念病院に看護助手として勤務していた西山氏が、同病院に慢性呼吸不全等の重篤な症状で入院中であった患者(当時72歳)に装着された人工呼吸器のチューブを引き抜いて酸素供給を遮断し、急性低酸素状態に陥らせて殺害したとされた事件である。

西山氏は、捜査段階で自白したものの、公判では否認に転じ、その後は一貫して無罪を主張してきた。しかし、2005(平成17)年11月29日、大津地方裁判所は懲役12年の有罪判決を言い渡し、2007(平成19)年5月21日、最高裁判所の上告棄却決定により、同判決は確定した。

西山氏は、再審請求手続の中で、患者の死因や自白の信用性を争った。2017(平成29)年12月20日、大阪高等裁判所は、新旧証拠の総合評価を行い、①患者が他の死因で死亡した可能性があること、②自白についても、その変遷から体験に基づく供述ではないとの疑いがあり、西山氏が捜査官の誘導に迎合した可能性があることから、患者が自然死した合理的疑いが生じたとして再審開始を決定した。2019(平成31)年3月18日、最高裁判所第二小法廷も、検察官の特別抗告を棄却して再審開始決定が確定し、今回の再審公判が開かれた。

再審公判手続では、警察が検察官へ送致していなかった証拠の存在が明らかとなり、人工呼吸器の管内での痰の詰まりにより患者が心臓停止した可能性もあるとする解剖医の所見が記載された捜査報告書などが新たに開示された。

今回の判決は、患者の死因が人工呼吸器の管の外れに基づく酸素供給欠乏により死亡したと認めるに足りる証拠はなく、かえって、患者が低カリウム血症による致死性不整脈等、上記以外の原因で死亡した具体的な可能性があるとし、事件性を認めるに足りないとした。そして、西山氏の自白についても、信用性に疑いがあるのみならず、防御権の侵害や捜査手続の不当によって誘発された疑いが強く、その任意性にも疑いがあるとし、証拠排除した。確定審における判断の誤りを明確に指摘したものであって、当会としてもこれを評価する。

また、検察官は、再審公判において、当初は西山氏の有罪を主張立証する方針を示し、後に新たな有罪立証を断念した。しかし、無罪判決を求めるわけでもなく、「取調済みの証拠に基づき、適切な判断を求める」とだけ述べて、確定審での主張を撤回しなかった。このような検察官の態度は、公益の代表者としてふさわしいとは言い難く、厳しく批判されなければならない。

当会は、被疑者弁護をさらに充実させるとともに、取調べ全過程の可視化、取調べにおける弁護人立会い、証拠の全面的開示、再審開始決定に対する検察官の不服申立て禁止をはじめとする、えん罪の防止及びえん罪被害救済に向けた制度改革の実現に、さらに力を尽くす所存である。

2020(令和2)年3月31日
滋賀弁護士会
会長 永 芳  明







スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ