FC2ブログ

記事一覧

西山さん再審無罪 「自白偏重」の過ちまたも(2020年4月2日配信『北国新聞』-「社説」)

 自白偏重捜査の過ちがまた明白になった。患者の人工呼吸器を外し殺害したとして懲役刑が確定し、服役した元看護助手西山美香さんの再審公判で、大津地裁は無罪判決を言い渡した。警察、検察は猛省し、「冤罪(えんざい)」を生んだ捜査の手法や過程を徹底的に検証しなければなるまい。

 西山さんは、滋賀県の病院で2003年に死亡した患者について「呼吸器のチューブを外した」と自白し逮捕、起訴された。公判で無罪を主張したが、05年の大津地裁判決は自白の信用性などを認めて懲役12年を言い渡し、07年に最高裁で判決は確定した。

 再審公判では、自白の信用性が再び争点となったが、判決は不当な捜査で虚偽の自白を誘導した可能性が高いと断じた。西山さんは「軽度の知的障害や愛着障害などから迎合的な供述をする傾向」が顕著で、取り調べの刑事に好意を抱くようになった。刑事はそうした西山さんの特性や恋愛感情を利用し「供述をコントロールしていた」として、自白の信用性や任意性を否定したのである。

 もう一つの争点である死因について、再審判決は自然死の可能性が高いと指摘した。「人工呼吸器が外され、低酸素状態が生じた」という確定判決を覆し、「致死性の不整脈や、たんの吸引が行われなかったことで低酸素状態に陥った疑いがある」として、殺害の事件性を認めなかった。

 死因に関する判断が変化した背景には、再審開始確定後に行われた新たな証拠開示がある。滋賀県警が大津地検に送致していなかった証拠約120点の中に、たん詰まりによる自然死の可能性を示唆する医師の解剖所見を記載した捜査報告書があり、県警の証拠隠しが疑われたことである。当初、業務上過失致死事件として捜査していた県警が、西山さんの自白を誘導し殺人事件として立件した構図が浮かび上がる。

 裁判員制度に伴う刑事訴訟法改正で証拠開示の対象は拡大されたが、再審請求における証拠開示の不十分さや制度上の不備という問題点が、今回の再審無罪判決で改めて浮き彫りになった。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ