FC2ブログ

記事一覧

動物たちの夢(2020年4月7日配信『宮崎日日新聞』-「くろしお」)

 詩人で放送脚本家、エッセイストでもあった川崎洋さんに「動物たちの恐しい夢のなかに」と題した短い作品がある。「犬も 馬も夢をみるらしい 動物たちの 恐しい夢のなかに 人間がいませんように」。

 全国の警察が2019年中にイヌ、ネコなど動物を虐待したとして動物愛護法違反容疑で摘発した件数が105件に達し、統計のある10年以降では初めて100件を超え、過去最多となった。インターネット上に虐待する動画を投稿して発覚するケースもあった。

 警察庁によると摘発される件数は年々、増える傾向が続いている。動物の種類別ではネコが最多の66件、次いでイヌが27件で、その他ウマやタヌキ、フェレットなどがいた。状態別では動物を捨てる「遺棄」が49件、飼育放棄などの「虐待」36件、「殺傷」は20件だった。

 教科書に載った自分の詩について、ある小学校の学級から質問を受けた川崎さんは、質問に丁寧に答えた上で先生にこうお願いをした。「この詩を試験に出さないでほしい。私の詩が試験という形で生徒さんを苦しめると思うと、いても立ってもいられません」(水内喜久雄著「詩にさそわれて」)。

 動物たちは確かに夢をみる。昔わが家で飼っていた愛犬も悪い夢をみたのか、うなされていたことがあった。詩人の心優しい言葉に感動しつつも冒頭に紹介した作品はぜひ、教科書に採用してほしいと思った。人間に虐待をやめさせる一助になるだろうから。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ