FC2ブログ

記事一覧

無実の罪で服役中、大好きだったおばあちゃんはこの世を去った 冤罪生み出した「黒い正義」~湖東記念病院再審から考える(2020年4月21日配信『京都新聞』)

 無実の罪で服役中、大好きだったおばあちゃんはこの世を去った 冤罪生み出した「黒い正義」~湖東記念病院再審から考える
2005年に亡くなった祖母スミさんの墓前で手を合わせる西山さん(2020年4月4日午前10時50分、滋賀県豊郷町八町)
 「見守ってくれてありがとう。やっと無罪になりました」。西山美香さん(40)は、判決から一夜明けた2020年4月1日に母方の祖母美恵子さん、4日に父方の祖母スミさんの墓に手を合わせた。2人は、勾留・服役中にこの世を去っていた。

キャプチャ
供述調書に「ハグハグさせて」

 両親が共働きで、「おばあちゃん子」だった。社会人になった頃、美恵子さんとよく2人でクレープやかき氷を食べに行った。正月や盆は料理上手のスミさんの家で、煮物や得意の漬物を味わった。湖東記念病院に勤めていた03年の敬老の日、2人を豆腐料理屋に招待した。「また連れて行く」と約束したのに、果たせなかった。

 殺人容疑で西山さんが04年7月に逮捕された後、2人の祖母は、ふさぎ込む両親を「娘を信じなくてどうするんだ」と励ましていた。西山さんは獄中から手紙を送り、「体弱ってきたんやろな」「リハビリ頑張って」と祖母を気遣った。

 スミさんは、公判中の05年に88歳で亡くなった。西山さんは手錠をはめることを条件に葬儀への出席を許されたが、「小さなまちで手錠なんてしていたら、何と思われるか」と行けなかった。美恵子さんが11年に83歳で亡くなった時は服役中で、17年の出所後に知った。「待っててくれると思っていたのに」。臨終に立ち会えなかったのは、警察と司法の大罪だ。

 西山さんは24歳で逮捕され、37歳まで服役した。奪われた13年を「両親は、私が普通に恋をして結婚をし、孫の顔を見たかったと思う。それができなかった」と悔しがる。

キャプチャ3
西山さん(右下)の再審判決には、冤罪被害者の青木さん(左下)らも駆けつけた。再審の在り方を変えるため、被害者が積極的に動き出している(2020年3月31日、大津市京町3丁目・大津地裁)

■「奪われるのは、やはり時間」つながる冤罪被害者たち

 「冤罪(えんざい)で奪われるのは、やはり時間」。大阪市東住吉区の民家火災で1995年、女児が死亡した「東住吉事件」で、放火して小学6年の長女を殺害したとして無期懲役判決を受け、服役後に再審で無罪が確定した青木惠子さん(56)は語る。

 逮捕当時8歳だった息子が、無罪確定後に出所した時は29歳。毎日どうしているか心配で、会いたくてたまらなかった。でも、今は誰より緊張する相手になった。「もう大人になって、他人みたい。私を必要としてくれる時期に一緒に過ごしたかった。息子と離された時間は、お金ではどうにもならない」

 青木さんと西山さんは、和歌山刑務所で同室になったことがあった。自暴自棄になる西山さんを、青木さんは「エネルギーは裁判に使おう」と励まし、作業を教えてくれた。「獄友(ごくとも)」と呼び合う2人は、今も誕生日にプレゼントを贈り合う仲だ。

 冤罪という同じ経験をした者だからこそ、苦しみや悔しさが理解できる。西山さんは「他の被害者を支えたい」と、獄中で冤罪を訴える知人に本を差し入れ、他の再審事件の応援に出向く日々だ。再審判決前日の3月30日も、第4次再審請求を申し立てる「大崎事件」の原口アヤ子さん(92)の応援で、鹿児島地裁前でマイクを握った。

 今、冤罪被害者を中心に再審の在り方を考える大きな動きが生まれている。

■火の粉をかぶった自分たちが、ほかの冤罪被害者のために

キャプチャ5
自身の裁判資料を見る桜井昌司さん(水戸市)

 「火の粉をかぶった自分たちで、再審の在り方を変えたい」。2019年3月2日、再審に関する法改正や冤罪(えんざい)検証機関設置などを目指す「冤罪犠牲者の会」が東京で設立された。現在、冤罪被害者とその家族、支援者ら約100人が参加する。

 発起人の桜井昌司さん(73)=水戸市=は、長年無実の罪を着せられてきた被害者の一人だ。桜井さんも、逮捕から21年後に再審無罪を受けた東住吉事件の青木惠子さん(56)と同様、冤罪で最も奪われるものは「時間」だと話す。

 桜井さんは1967年発生の強盗殺人事件「布川事件」の犯人とされ、無期懲役判決を受けた。29年間の勾留・服役中に「両親を亡くし、親になる機会も失った」。11年の再審無罪まで汚名をすすげなかった。

 滋賀県のもう一つの再審事件・日野町事件(84年発生)で、強盗殺人罪で無期懲役が確定した阪原弘さんは、第1次再審請求中の11年に75歳で獄中死した。18年7月に大津地裁で再審開始決定がなされたが、大津地検が大阪高裁に即時抗告し、まだ再審の扉は開いていない。

 検察の不服申し立ては、再審開始の大きな壁だ。冤罪が疑われる事件で、地裁が再審開始決定を出しても、すぐに再審は始まらない。検察側は不服があれば即時抗告でき、高裁が決定しても特別抗告できる。多くの場合、検察側の抗告理由は明らかにされず、従来通りの有罪立証を続けているだけなのに、冤罪被害者の時間は数年単位で奪われる。

 西山美香さん(40)も大阪高裁で再審開始決定後、大阪高検が最高裁に特別抗告し、雪冤(せつえん)の日は1年3カ月も延びた。犠牲者の会は、再審決定後の検察の不服申し立て禁止を強く訴えている。

無実の罪で服役中、大好きだったおばあちゃんはこの世を去った 冤罪生み出した「黒い正義」~湖東記念病院再審から考える

キャプチャ4
再審判決で無罪となり、大津地裁前で涙を流す西山さん。被告人一人一人の声をしっかり聞く司法に、と願っている(2020年3月31日午後0時21分、大津市京町3丁目)

■今も高き「再審の壁」 全国で少なくとも12件が再審請求中

 再審の在り方を変えようとする動きは、法学者や弁護士にも広がる。2019年5月20日、「再審法改正をめざす市民の会」が立ち上がった。大きな柱は「再審請求段階での全証拠開示」と「検察の不服申し立ての禁止」「再審手続きの整備」だ。

 再審は、刑事訴訟法で「無罪を言い渡す明らかな証拠を新たに発見した場合」に開始すると規定されている。ただ、詳細な規則はない。警察や検察に眠っている証拠をどれだけ開示するか、どのように審理を進めるかといった運用は、裁判官の裁量にゆだねられ、「再審格差」として問題視されている。

 市民の会共同代表で、湖東記念病院第1次再審請求の弁護団のメンバー村井敏邦さんは、「法律がないから検察は新証拠を出さないし、不服申し立てを行う。再審の大きな目的は『冤罪被害者を救済する』なのだから、再審の長期化も避けるためにも法整備が必要」と指摘する。

 「有罪とするのに疑問が残れば再審を開始すべき」。刑事裁判の鉄則を再審についても示した1975年の最高裁白鳥決定から、45年近く。現在、日弁連が支援する再審請求は、日野町事件をはじめ全国で12件あり、検察の不服申し立てや開示されない証拠と闘い続けている。

 3月31日の西山さんの再審判決。大西直樹裁判長は説諭で「刑事司法全体の改善につなげることが大切」と強く呼びかけた。「正義」を掲げる警察と検察、裁判所には受け止めるべき責任がある。西山さんは「被告人一人一人の声をしっかり聞いてほしい。当たり前のことが当たり前にできる司法に、変わっていってくれたら」と願っている。

       ◆
 「事件性すら証明されていない」。再審で無罪判決となった湖東病院の患者死亡。ないはずの「殺人事件」を生み出したのは、虚偽の自白を誘導し、強引な有罪立証を進めた警察と検察だった。16年にわたり無実の罪を着せた「正義」とは何か、問う。



無罪示唆の「爆弾証拠」、滋賀県警は15年間も隠していた 冤罪生み出した「黒い正義」~湖東記念病院再審から考える(2020年4月21日配信『京都新聞』-「社説」)


キャプチャ
再審判決後、捜査を厳しく批判する井戸弁護団長(右)と西山さん(中央)=2020年3月31日、大津市梅林1丁目・滋賀弁護士会館

 「大変なモノが出てきた」。2019年11月初旬、西山美香さん(40)の無罪を求め、再審公判の準備を進めていた弁護団に衝撃が走った。大津地検から開示された新たな証拠を精査していた時だ。見つかったのは男性患者の死亡が事故だった可能性に言及した滋賀県警の捜査報告書。「全くの想定外。一審段階で判明していれば、判決に大きく影響していた」と井戸謙一弁護団長は憤る。

 西山さんはわざと人工呼吸器のチューブを外して患者を殺したとして、05年に殺人罪で懲役12年の判決を言い渡された。確定判決は、患者の死因について、解剖医の鑑定を基に「チューブ外れで酸素が途絶えたことによる急性心停止」と断定していた。

 しかし、新たに見つかった捜査報告書には「チューブのたん詰まりにより、酸素供給低下状態で心臓停止したことも十分考えられる」と医師の所見が書かれていた。他殺か事故かを断定できないことを意味していた。報告書の作成日は、04年3月2日。西山さんが逮捕される4カ月も前だ。

 所見を書いたのは死因を「急性心停止」と鑑定した解剖医と同じ人物。捜査報告書の作成者は、西山さんが好意を抱いた取り調べ担当の男性刑事だった。再審に詳しい鴨志田祐美弁護士は「爆弾のような証拠。しかも、西山さんを有罪に追い込んだ刑事が書いているなんて怒りを禁じえない」とあきれかえる。

 なぜ、重大証拠が今更見つかったのか。

■証拠開示があれば、冤罪は起こらなかった

キャプチャ2
未送致証拠が当初保管されていた旧愛知川署。2005年に廃止、東近江署に統合された(滋賀県愛荘町愛知川)

 2019年3月の再審開始確定後、地検は県警に未送致資料を送るよう指示していた。すると、県警が内部に残していた捜査資料が多数あることが7月に分かった。県警は15年半も手元に隠していた。

 衝撃は大きかった。証拠が明らかになった直後、大津地検は再審公判での新たな有罪立証を断念した。検察関係者は「(断念に)大きく影響したことは間違いない」と打ち明けた。3月31日の再審判決の説諭で、大西直樹裁判長は「証拠開示が適切に行われていれば、(冤罪(えんざい)は)起こらなかった」と、県警の「証拠隠し」を批判した。

 刑事訴訟法は、警察が捜査で集めた証拠物は検察に送致する、と定めている。メモ書きなど全証拠を送ると膨大になるため、慣例上ある程度は裁量があるが、正式な捜査報告書を送致しないのは「違法の可能性が極めて高い」(井戸弁護団長)という。

 県警は判決後、「本来であれば、法令に基づき検察に送致されるべきだった」とし、同法違反の可能性があることを事実上認めた。しかし、未送致だった理由は「捜査員に聞き取ったが、判然としなかった」と説明。当時の捜査1課幹部だったOBらへの調査をしないといい、解明には後ろ向きだ。

 裁判では、全ての証拠が検証され、公正に審理されることが大前提だ。だが、現実は違う。警察や検察による証拠隠しは、多くの冤罪事件で繰り返し明らかになっている。

■捜査機関の「証拠隠し」 半世紀以上続く問題

キャプチャ3
捜査機関が多数の証拠を手元に秘めていた「大崎事件」の第4次再審請求に向かう鴨志田弁護士(中央)。右は西山さん=2020年3月30日、鹿児島市・鹿児島地裁前

 鹿児島県大崎町で1979年に発生した殺人・死体遺棄事件「大崎事件」(第4次再審請求中)は、捜査機関の隠蔽(いんぺい)体質を象徴する事件だ。証拠開示を巡るやり取りが、20年以上前から続いた。

 「これで証拠は全部です」。95年開始の第1次再審請求で、鹿児島地検は弁護団に明言した。2010年、第2次再審請求でも地検は「警察にも問い合わせたけれど、もうありません」と弁護団に公式回答した。しかし、13年に福岡高裁宮崎支部が「証拠の存否を調査して開示せよ」と勧告すると、地検は200点以上の未開示証拠を出してきた。第3次請求でも新たな証拠が見つかった。

 同事件の弁護団事務局長である鴨志田祐美弁護士は「検察が無罪方向の証拠を進んで出すことはまずない。どの再審でも隠れていた証拠が後から出てくる」と批判する。

 「戦後最大の冤罪(えんざい)事件」と呼ばれる松川事件(49年)では、5人が死刑判決を受けたが、検察官が5人のアリバイを示す証拠を隠していたことが判明し、全員無罪となった。布川事件(67年)や東電OL殺人事件(97年)などでも、いずれも無罪を示唆する証拠が捜査機関の手元に秘められていた。警察と検察による「証拠隠し」は半世紀以上続いている。

 なぜ、重要な証拠が隠されるのか。実は、刑事裁判では全ての証拠を吟味するわけではない。日本では4年前まで、証拠は警察と検察が独占し、弁護側は逮捕から裁判が終わるまで、どんな証拠があるか全てを把握できなかった。

■「法律がない限り、検察は全証拠を出さない」

キャプチャ4
「再審段階での証拠開示を法制化すべき」と話す村井さん(東京都国立市)

 証拠を扱う検事の心理について、検察OBの市川寛弁護士は「仮に有罪方向の証拠が全体の8割を占めていても『弁護士に見せると2割の不利な証拠を、3割、4割と盛られ、裁判官もだまされかねない』と感じる」と証言する。検察は有利な証拠を選別し、有罪立証を進めてきた。

 しかし、2016年5月に度重なる冤罪事件を受けて改正された刑事訴訟法で、起訴後は検察側が証拠の一覧表を示すことが義務づけられ、弁護側が証拠開示請求をすれば、内容が確認できるようになった。

 ただ、現在も再審には証拠開示に関する法律が存在せず、裁判官の裁量に委ねられているのが現状だ。今回、西山さんに有利な証拠が開示されたのも、再審公判に向けた三者協議中に裁判官が検事に対し、「証拠開示には柔軟な対応を」と促したことが影響したとみられる。市川弁護士は「法律で決まらない限り、検察が全ての証拠を出すことはない」と断言する。

 台湾は19年の刑事訴訟法改正で、再審請求段階でも弁護側が全ての証拠開示を受ける権利を明文化した。半世紀以上前から起訴段階で全ての証拠開示が認められており、法改正で再審請求段階まで一貫して弁護人らが証拠にアクセスできるようになった。龍谷大犯罪学研究センターの李怡修招聘研究員は「台湾では当たり前のように証拠が見られ、裁判所が弁護士の記録媒体に証拠をコピーしてくれる」と話す。

 湖東記念病院第1次再審請求の弁護団メンバーで、数々の再審に関わる龍大名誉教授の村井敏邦さんは「証拠開示後進国の日本で、最も優先すべきなのは再審公判での全証拠開示の法制化だ」と訴える。

 再審は、有罪であることが疑わしくなった事件を、改めて虚心坦懐(たんかい)に検証するのが大きな目的だ。村井さんは「端的に言うと無罪を言い渡すための裁判なのだから、本来通常審より証拠を開示することは容易なはずだ」と指摘する。

       ◆
 「事件性すら証明されていない」。再審で無罪判決となった湖東病院の患者死亡。ないはずの「殺人事件」を生み出したのは、虚偽の自白を誘導し、強引な有罪立証を進めた警察と検察だった。16年にわたり無実の罪を着せた「正義」とは何か、問う。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ